目前のライトに、君を探してる。

藤原丈一郎 / Funky8 / 関西Jr / ジャニーズWEST

ジャニワ初体験の私が、ストーリーを考察してみた。その2(ネタバレです)

まずはからどうぞ。

 

そして私なりにストーリーを考察してみました。感じ方は人それぞれだと思いますので、他の感じ方、ここは違うんじゃないかな、ここは辻褄合わなくない?ってのがあったらぜひ教えてくださいな。

 

ぜひ皆さんの考察も聞きたい。

 

 

考察1どうしてこんなにも難解なんだ

 

まず、この舞台がこんなにも複雑なのは、劇中劇を取り上げているからだと思います。もはや、劇中劇中劇くらいの複雑さ。

 

そして、それに絡めて時間軸を行き来する要素もある。理解するのをやめたくなりますよね。

 

これはたぶん、1つ1つ、同じ世界に自分が存在していると思えば攻略できます。場面ごとにいったん、自分をリセットしてみてください。

 

最初はとあくん(1幕最初の少年)と同じ世界に、次はショウと同じ世界に、という風に自分(観客自身)の立ち位置をすぐに切り替えることが出来れば、少しストーリーを理解しやすくなるのではないでしょうか。

 

それなのに舞台はShow must go on(ぶっ続け)だから理解しにくい(ディスってるわけではない)。

 

 

考察2舞台を牛耳る内くん

 

内くんって、実は特殊な存在じゃないか説。

 

ショウたち、わたしたち観客はもちろん2016年を生きているけど、内くんにとっての"現在"って2066年なんです。

 

そんな内くんは、2066年の状況を憂いていた。

 

毎日どこかで争いや殺し合いが起こり、あんなに眩しかった劇場もさびれている、そんな世界。

 

だって、2066年は、ショウや私たちにとっては未来だから。私たちの未来が、荒れ果てているということだから。

 

しかし、内くんも過去を見ることが出来るだけ、そう、あくまでも"過去を変えることはできない"。

 

でも、"未来は変えられる"

 

しかし、内くんに未来は無いのです。(考察3にて触れています)

 

内くん自身は2066年までを変える力は無いし、未来は無い。どうすることも出来ない。

 

だから、ショウたちに未来を変えてほしい、と託すのです。子どもたちの笑顔を守り、争いのない、明るい未来を、と。

 

 

考察3内くんの正体

 

考察2でも少し触れたが、内くんは舞台の中で特殊な人物である。

 

内くんにとっての現在は2066年であり、さらに彼には過去へ旅をする特殊能力がある。

 

そして、ストーリー上で内くん自身が未来へ旅するシーンはない。

ショウたちは、現在(2016年)から50年後の未来まで旅しているのに対して、内くんは現在(2066年)から先へ進むことはないのだ。

 

未来へ進めない代わりに、過去へ旅する能力を手に入れたと考えたらどうか。

 

内くんが未来へ進めないのは、2幕終盤、ショウの代わりに内くんが荒れ果てた未来に残った際に、そこで内くんの未来が途切れてしまったことを意味する。

 

言い換えれば、ショウが自分自身の未来を変えることは、内くんの過去を変えることだったのである。

 

内くんにとっては、ショウが身代わりになって内くんを助けた、という時代の流れであった。

 

しかし、ショウが未来を変え(もはや内くんがそう仕向けた)、内くんがショウの身代わりになったことにより、内くんはその先の未来に存在しないことになってしまったのではないか。

 

結果、過去が書き換わってしまった内くんはそこから先の時代を生きることはなくなる。

 

そして、2066年の姿が、本当の内くんであり、過去(〜2066)を変えることはできない。

 

内くんは過去を見守ることしかできない。

 

それなら、内くんがたどってきた歴史のとおり、ショウが身代わりになって命を落とす必要はない、自分が宇宙船に乗らずにここに残るよ、とショウを思う愛の犠牲は大きかった。

 

 

考察4最初の少年の正体

 

最初にチケットを持ってうろうろする少年。16年入所の関西Jr.のニューフェイス、嶋崎とあくん。

 

彼は幼き日の平野紫耀だとしたら。

 

時間順にストーリーを追っていく。

 

まずはショウが生まれる。

しかし、プロ意識(SMGO精神も含め)が強すぎた内くんは、ショウのことを見放し、エンターティナーとして生きる道を選ぶ。

 

13年後くらいだろうか。

※とあくんは13歳との情報を頂きました。13年後と仮定してください。(追記:10月13日)

ショウ(とあくん)が舞台を観劇。そこでバッタリと出会うショウと内くん。内くんはその頃にはもう過去の固定概念はすでに丸くなっていたのであろう。しかし、ショウ(とあくん)は父親の顔を知らない。

 

Showってすごいんだよ、実際には出来ないことができちゃうんだ!と魅力を伝えている最中、大きな地響きが鳴り響く。

そして、時の旅人(康二)が現れる。このままでは地球が危ない、過去の12ヶ月を旅し、13月を探して答えを捜せ、と。

これが時の旅人との1回目の出会いとなる。

 

しかし、ショウを見放してしまった過去を変えることはできない内くんは、それを尻込みし、過去への旅を拒否してしまう。

そこで、ショウへの不甲斐なさを感じた内くんは、身寄りのないショウを劇団へ誘うのだ。

(1人で観劇に来るあたり、母親ももういないのではないかと判断)

 

しかし、この地響きが1番最初の地球の異変であったことは言うまでもない。

 

6年後、ショウは19歳になる。

舞台で大きく堂々と舞う、成長したショウ。

フライングしていると、また6年前のあのときと同じ地響きが。

モニュメントにぶつかり、大破してしまう。

そこで、内くんはまた、時の旅人と出会う。

今度は6人も。

今度こそ、ただならぬ地球の危機を感じ、ショウを連れて過去の12ヶ月を巡る旅に出るのであった。

 

 

とまぁ、こんな風にアナザーストーリーを考えたら辻褄が合うな、と。 

 

考察4はもはや辻褄合わせの妄想感半端ない。異論は認めますが、お手柔らかに…です…。

 

 

考察513月とは私たちみんなの未来を願うこと

 

これが、内くん、もといジャニーさんがこの舞台で1番伝えたかったことではないか。

内くんの壮大すぎる人生。

そして、その目で、その心で使命を感じたショウはきっと私たちなのではないか、と。

 

2020年、日本でオリンピックが開催される。

舞台でも、過去12ヶ月を巡る旅を終えた、内くんとショウは2020、未来の祭典を目にする。

 

これはきっと13月のフェイクではないか。

 

実に華やかな近未来。

でも、その裏では殺し合いが起きている。

 

日本だけが13月になっても、それは内くんが、ショウが求める13月ではない。オリンピックはユートピアでは無いのだ。

 

そのような一部の表面的な平和ではなく、世界平和、地球が平和でありますようにと願いを込めた、皮肉めいた残酷なメタファーなのではないか。

 

オリンピックは明るい未来。ユートピア

そう勘違いして浮かれた私たちに警笛を鳴らすかのように、未来の祭典の最後にまた大きな地響きが起きる。(これは、2幕宇宙人セリフ「この惑星にも同じように隕石が衝突する(ニュアンス)」より、隕石の衝突ではないかと思われる)

 

そして、1幕の最後には「これはプロローグに過ぎなかった」とのセリフがあるのだ。

 

悲惨な12ヶ月の旅は、プロローグに過ぎない。もしかしたら、何の思案もなく、浮かれて、2020を楽しむだけでは、荒れ果てた未来がやってきてしまうぞ、という警笛なのかもしれない。

 

13月とは、私たちみんなの未来を願うこと

 

そう、1人だけではなく、みんなの明るい未来を。平和な未来を。みんなの笑顔を守れる未来を作ることだと、声を大にして伝えたかったのではないか。

 

 

 

はいっ!とまぁ、長々と考えてみました。

考えれば考えるほど、わけが分からない。(笑)

難しい…。でも、考えるより感じることがすべてで、とにかく楽しかった初ジャニワ!

 

特にnot enoughの圧巻の景色、back fireでやっと揃ったFunky8、堂々と関西Jr.の旗をふるbeat lineには感動して涙が止まりませんでした。

 

みなさんもぜひ楽しんでいらしてくださいね〜!

 

今日も無事に舞台を駆け抜けられますように。

 

私の13月には、藤原丈一郎、君が笑っている景色が欠かせません。(照)

 

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございました〜!!!

 

 

あっ…考察おまけ。

宇宙船5人乗りなのに、9人乗れた理由ね。

はっきり言うと分かりません♡

思いつきませんでした♡

ショウが、内くんの過去を書き換えたことでなんか現在が書き換わったのかな…?

そのくらいしか思いつきませんでしたごめんなさい(全力土下座)

 

ショウが未来を変えることで、過去が変わって犠牲になってしまった内パパからのプレゼントだったのでは…?内くんにとっての30年前も、ショウにとっては20年後の未来。宇宙船の改善も、もしかしたらショウに託したのかもしれません。と、考えてみました。どうかな…?

(追記:10月13日)

 

今日も、関西Jr.が笑っていられますように〜!!!!!!!

 

ジャニワ初体験の私が、ストーリーを考察してみた。その1(ネタバレです)

まずは、ジャニーズフューチャーワールド、梅田芸術劇場公演、開幕おめでとうございます。

 

そう、タイトルの通り今回は、ジャニワ初体験の私が、「難解、理解しようとするな」と評判のジャニワストーリーを考察してみます。

 

初日、11日夜と2回しか入っておりませんので、もし他の考察等があれば、優しく、優〜しく教えていただけると助かります。(土下座)(豆腐メンタル)

 

まずはガッツリネタバレなストーリーの概要を。

 

1幕  地球の危機とエンターティナーたち。

小さな少年がチケットを握りしめて、客席をうろうろしています。どうやら、自分の座る席が分からない様子。

 

そこへ、内プロデューサー(このジャニワ全体の総指揮者となります)がやってきます。

 

「君、席が分からないのかい?この席はこの上だね、僕が連れてってあげるよ。

ところでShowは初めてかい?ステージの上なら、なんでもできるんだ!例えば、こんな風にね」

 

と、雪を散らして見せたり、フライングしてみたり。

楽しそうに2人でフライングしていると、突然大きな音が鳴り響きます。

 

時の旅人と名乗る人が地球が危ない、と言い出すのです。地球を救うには、過去の12ヶ月を旅し、13ヶ月目を探して答えを見つけるしかない、と。

 

そのまま公演は進みますが、ショウのフライングの途中でまた地響きのような大きな音。ショウはバランスを崩し、大きなモニュメントにぶつかってしまいます。大破される地球のモニュメント。

 

それでも内プロデューサーは「何があってもShowを続けろ。Show must go on」と言い続けるのです。

 

あのプロデューサーは狂ってる…、と言いながらも「やってやるよ!」と反骨心を見せ、平野座長率いる劇場員たちはShowを続けるのでした。

 

何かが変だ、危ないと知りながら、過去の12ヶ月を旅するショウ。その過去は悲惨な過去ばかりでした。

 

そんな中、楽しくてキラキラ輝く、未来の祭典を旅する途中にまたもや大きく鳴り響く音。

 

そう、地球にまた何か異変が起こる。

 

過去12ヶ月を巡る旅は、単なるプロローグに過ぎなかったのです。

 

衝撃でショウ、神宮寺くん、岩橋くん、岸くんは宇宙へ放り出されてしまったのです。

 

2幕  宇宙で見つけた答え。

ここはどこなんだ…?と漂うショウ。

そこは煌びやかな世界。満点の星の下で、楽しいステージが繰り広げられる。

 

そこで彼は、ある老人と出会います。老人に渡されたのはシワシワの手紙。

差出人は50年後の自分。

 

「過去は変えられない、変えてはいけないが、未来は変えられる」と。

 

一体この老人は何者なのか…。

 

ここで偶然にもPrinceのみんなと再会。無事にまた出会えたことを喜ぶ4人。

 

すると、後ろから金ピカの5人がやってきて、ここはお笑いランド、5人はお笑いランドの住人だと言うのです。

まあ惑星べしゃりーのという謎の星と宇宙人も湧いてきますが、正直ここはお楽しみコーナーなのでストーリーには関係ないかな…(笑)

 

ちなみにこの宇宙人たち、特殊能力を持ってらっしゃるので、ベッドを浮かせたり、マジックもしちゃう。未来を見ることだって出来るのです。

 

ここは宇宙だ、ということがわかった4人。お前たちは、未来を見る覚悟があるか?との問いかけに対し、「ここまで来たら全部見てやるよ」と返す座長。

 

しかし、その未来は荒れ果てた劇場。人間たち、宇宙人たちも、いつの時代も争いや殺し合いを繰り返し、荒れ果ててしまったと言うのです。

 

そんなときに頭の中を反芻する言葉、

「過去は変えられない、未来は変えられる」。

 

地球へ戻って、地球の未来を変えたい、でも、そのための宇宙船は30年前に作られたものであり、5人しか乗れない。地球へ戻れるのは5人だけなのです。

 

地球人(ショウとPrince)は未来を変えるために地球へ戻りたい。

 

宇宙人(もう未来人と考えていいかも、関西Jr5人)は地球人たちが自分たちでボロボロにした結果が、荒れ果てた劇場であることを知っている。それなら自分たちがお前らの未来を変えてやるよ、と。

 

ユートピアは地球にしか作れないんだ、と主張するのです。

 

ぶつかり合う彼ら。

そんな中、あの老人は未来のプロデューサーだった、そして、平野くんの父だったことが発覚するのです。

どんな時でもエンターティナーとして輝くように、と願いを込めて「ショウ」と名前を付けた。そして、ショウは平和を守るための戦いに敗れ、父である自分を庇い、死んでしまうのだ、と。

 

せっかく出会えた父を置いてはいけない、と泣きつくショウ。

でも、父はショウが庇ってくれたことをずっと後悔していた、今が報いる時である、そして未来へ向かう気持ちは同じだ、と突き放します。

 

父の期待と約束を背負いながら、地球へ戻ってきたショウたち4人。(正確に言うと5人しか乗れない宇宙船で9人帰ってきますがまた後で触れます)

 

未来の笑顔を守りたい、悲惨な過去は変えられないけど、未来は変えられる。

 

地球を守りたいと強く思う気持ち、私たちのみんなの平和を強く願う気持ち、そしてたくさんの笑顔を守りたいと思う気持ち。

 

それこそが13月の正体、地球を守ることであると気付くのでした。

 

とまぁ、このようなストーリーではないかと、解釈してみました。

解説は次のブログに続きます。

 

Funky8、単独コンはいつですか。

やっほ〜!!!!

 

はてブロ始めてみました。

巷で話題の #Funky8単独コンセトリ妄想 ですが、やりかけたままどこにもまとめてなかったので、ここでやれたら、と。

 

最強で最高の8人なのに、わたしたちだって待ち望んでるのに、なかなか事務所というオトナは輝ける場所を与えてくれない…。だったら、頭の中でソロコンしちゃおう!っていうFunky担のノリが大好きです。♡

 

ということで、Let's Goそんな夢の世界へ♡

 

Funky8は、全員18歳を超えてますので、開場は19:00、仕事帰りにも優しい時間です。終わるのは21:30頃、アダルティーにいきましょう。

もちろん、場所は松竹座

 

Funky! / 8! / と響き渡る声援。ここでもう泣きそう。

 

そんな熱気の中、響くのはFollowのイントロ。あのかっこいいイントロが流れ始めたところを想像しただけで鳥肌。

 

♪ now follow follow...

 

でスポットを浴びる8人…(泣)

生きててよかった…。8人に感謝が止まりません。

 

かっこよすぎて、無敵の8人すぎて瀕死になってたら、ここから楽しいクラブメドレー始まります!そう!Loud X

いぇいいぇーいっ!!!!!ってうちの赤いお調子もののセンターくんが盛り上げてくれます。みんなのってこう〜!⤴︎

 

♪ Let's go Let's go Let's go Let's go Funky! /

♪ I say "Funky" you say "8"!

  Funky!8! Funky!8!

 

やりたい…やりたすぎる…。

 

そしてクラブメドレーが何曲か続くわけですが、見逃せないのはV6のFlashbackかな!

 

♪ 土砂降りでも笑えるのは、

君を近くに感じるから

 

が大好きすぎるので、古謝くん歌ってほしい。

そしてこの曲、三宅健ちゃんの歌割が多いんです。だから、丈くんのゲロ甘ボイスとも親和性抜群だと思う。サビ終わりの

 

♪ Play back Play back

 

はぜひ丈くんに。あっ、2番はまとくん(指でくいっくいっ)ってやるから松竹座みんなで抱かれようぜ〜!

 

間奏後、今朝2人がセンターになって、

 

♪ 季節がまた僕ら遠ざけても(今江)

♪ 忘れないよ(朝田)

♪ 昨日から今日へ、今日から明日へ()

♪ 超えろHORIZON!(8人)

 

…ああ最強…。私の見たい景色そのもの。超えろHORIZON!は8人横並びで、顔を見合わせながら微笑みあって歌うんだ…。

 

そのあと、シャッターを切るような「パシャパシャ」って効果音が入るんだけど、すえざあくんはヲタクとエア自撮りしてきます。ちゃらい…かっこいい…。もちろんパリマニも、パリピポアンセムCHO-EXTACYも、I scream nightもやろうね…。

 

クラブメドレーのあとは自己紹介曲できたらいいなぁ!うえすとのDAREYANENやります?丈くん紹介は今江くんに歌ってもらおう〜!

 

♪ いたずら大好き!(丈!)

   コリンポスお友達!(丈!)

   無敵のセンター!(丈!)

   さあ来るぞ、今日もいたずら…!

 

丈くん「では、古謝くん〜!剛くんが大好きなさんまの塩焼きのモノマネお願いしまーす♪」

古謝「えっ…えっ…!!!さんま!(とりあえず寝転がって叫んでみる)」

丈くん「お次は古謝那伊留!」

 

で、そのまま古謝パート(歌うのはやはり丈くん)に入るから、置いてけぼりの古謝くん。ここは毎日アドリブで変えよう!

 

ちなみにまとすえがさんまになった古謝くんを、箸で突っついてました。シュール。

 

そんなこんなでMCはいりまーす!

MCで何か勝負事な企画やるのもいいかもー!関西人の叩いてかぶってじゃんけんは間違いないぞ〜!

もちろんお待ちかねの漫才も日替わりでやろうね♡

 

MC明けは関ジャニ∞ズッコケ! 

さっきのMCの優勝者は「1.2.わんつーうーっ!」って言えます!おめでとう!丈くんおめでとう!完全に丈くんと丈くん担得でしかない。

 

次はがっつりダンスなメドレーをやろう。みんな生きて帰ろうね。約束だからね。

 

V6の。これははっきり言っちゃうと不倫する曲。末澤誠也に、

 

♪ あなたにとって、足りないものを

きっと埋めてあげられるはず…

 

って歌われたら軽率に死ぬ。不倫万歳。そしてタップダンスの見せ場もここで作ろう。

 

またまたV6だけど、OKも見たい。

 

♪kiss of the night, last night 君は忘れてるの?

いたずらに笑い僕に囁く OK?

 

はい、死んだ。説明はいらないよね。

 

fakeGUILTYも見たい。Funky8にV6をやらせたすぎる。キスマイあたりもやらせたい。もちろん、そりそりますぴもやろうね。

 

そこからはアイドルメドレー。ファンサ曲もいっぱい。みんなで盛り上がろう!

ロマンティックバンバンはもちろん、嵐のOH YEAHなんかも聞きたいなあ!

 

罪と夏、今度はぜひやってくれるって信じてる!C&Rは完璧で準備しとこうね!

 

♪ 誘ってんじゃね?やんちゃyour body!

 

は、まとすえでよろしくお願いします。間違いない。鼻血。

 

今江くんと大橋くんセンターで、トラフィックジャム(Sexy zone)も見たい。絶対可愛い。

 

古謝くんとまとくんでterribleもお願いしますね。ヲタの心情を知り尽くす2人にかき乱されましょう。

 

♪ 素直になってみなよ、my naughty girl

 

えろいしかない。

 

リチャ末に1曲あげたいなぁ〜!

Kinki kidsMissingとかどうかな?英語詩にときめく。2人で見合わせてニコニコして、松竹の階段に腰掛けて歌ってほしい。

 

丈くんと淳弥でカミセンの12ヶ月やる。

 

♪ 時間を戻せたら、君に会えたら

この腕でしっかり抱きしめる

もう2度と君が世界から消えたりしないように

 

これが聞きたくて、Funky8ソロコンのブログをしたためていると言っても過言じゃない。これは決定。絶対やる。甘い甘い2人の声に、衣装は白ニット。(参考:かみしげのラブクリ)

 

そしてペアコーナー終わったら、みんなでV6のprecious song歌ってほしいなぁ。

 

♪大切な言葉、君へ捧ぐよ

伝えよう my precious song

 

可愛い。8人がそろったprecious songで軽率に泣きたい。本人たちすっげぇニコニコしてんのに泣きたい。

 

そのままがらっと雰囲気を変えて、バラードコーナー。

もう関西担はイントロで泣くと思う。Edenを歌ってもらおう。

 

♪流れる雲と同じような白さを(淳弥)

♪幾度も求めて、僕らはここにいた(真鳥)

 

まとくんの芯の強さとアーティスティックな雰囲気が後押ししてくれると思う。まとくんにここ歌わせたらきっと化けるぞ…!と願いを込めてこの歌割で。

 

♪ won't you stay by my side?(そばにいてくれないか?)

 

そんなの…応援する。ついていく。ずっとついていくしかない。

 

あとはV6のway of lifeを歌ってほしい。暗めな曲だからこそ、儚い笑顔で8人に歌ってほしい。

 

♪駆け抜けた道立ち止まって

振り返る昨日にまた揺らぐ心を庇って

追いかけていく追いかけてく

守りたい明日がある

歩いてく今日を信じて

 

楽しいことばっかりじゃない。努力で今の立ち位置を掴み取った末澤くんセンターで。

 

♪蘇る幼き記憶を

辿っても何処へも行けやしない

 

こんなにも儚くて強い曲が似合うのは、末澤誠也しかいない。

 

V6のover関ジャニ∞dreamin' bloodとか、うえすとのその先へ、KIZUNAもいい。バラードでメッセージ強い曲を並べていこう。そして、やっぱり横並びで深々におじぎするんだ…。丈くんなんか、おっきな地声でありがとうございますって叫ぶんだ…。好きしかない。

 

最後の曲はKinki kids青の時代かな。

少クラin大阪の大西畑お手紙にも使われてました。この曲が大好きなんです。

 

♪吹き抜ける風に手を当てて

過ぎ行く日々を思い

雲間から一粒の雨が枯れた花を濡らす

 

同じ方向を見据えて、しっかり肩を組んで歌ってほしい。同じ景色が私達も見れますように。

 

大きく手を振りながら、お客さんを見据えて、幕が降りるのを見届ける8人。涙が止まりません。いったん本編終了。

 

彼らのメッセージが強く伝わってきて、もはや突き刺さってきて、すぐにアンコールなんてできないんです。

 

そんなこんなでやっとFunky!8!ってアンコールできたら、いぇいいぇーいっ!!!!!ってキラッキラの笑顔の8人が出てきます。そこでEsperやろう!うぉい!うぉいっ!

 

子供騙しの甘い夢じゃない。

 

さあ、Funky8がソロコンをやれば。

極上の衝撃が扉を叩いて君を連れ出すよ。

 

 

ご静聴くださり、ありがとうございました。

ここまで読んでくださったあなたと一緒にFunky8の未来を見守っていきたいです。

聞いたことない曲があったら、おすすめなのでぜひ聞いてみてください〜!!!

 

それでは、Funky8の〜???

未来に乾杯!!!!!!!!!!

 f:id:Aqina:20161007201946j:image

f:id:Aqina:20161007202018j:image