目前のライトに、君を探してる。

藤原丈一郎 / Funky8 / 関西Jr / ジャニーズWEST

ジャニワ初体験の私が、ストーリーを考察してみた。その1(ネタバレです)

まずは、ジャニーズフューチャーワールド、梅田芸術劇場公演、開幕おめでとうございます。

 

そう、タイトルの通り今回は、ジャニワ初体験の私が、「難解、理解しようとするな」と評判のジャニワストーリーを考察してみます。

 

初日、11日夜と2回しか入っておりませんので、もし他の考察等があれば、優しく、優〜しく教えていただけると助かります。(土下座)(豆腐メンタル)

 

まずはガッツリネタバレなストーリーの概要を。

 

1幕  地球の危機とエンターティナーたち。

小さな少年がチケットを握りしめて、客席をうろうろしています。どうやら、自分の座る席が分からない様子。

 

そこへ、内プロデューサー(このジャニワ全体の総指揮者となります)がやってきます。

 

「君、席が分からないのかい?この席はこの上だね、僕が連れてってあげるよ。

ところでShowは初めてかい?ステージの上なら、なんでもできるんだ!例えば、こんな風にね」

 

と、雪を散らして見せたり、フライングしてみたり。

楽しそうに2人でフライングしていると、突然大きな音が鳴り響きます。

 

時の旅人と名乗る人が地球が危ない、と言い出すのです。地球を救うには、過去の12ヶ月を旅し、13ヶ月目を探して答えを見つけるしかない、と。

 

そのまま公演は進みますが、ショウのフライングの途中でまた地響きのような大きな音。ショウはバランスを崩し、大きなモニュメントにぶつかってしまいます。大破される地球のモニュメント。

 

それでも内プロデューサーは「何があってもShowを続けろ。Show must go on」と言い続けるのです。

 

あのプロデューサーは狂ってる…、と言いながらも「やってやるよ!」と反骨心を見せ、平野座長率いる劇場員たちはShowを続けるのでした。

 

何かが変だ、危ないと知りながら、過去の12ヶ月を旅するショウ。その過去は悲惨な過去ばかりでした。

 

そんな中、楽しくてキラキラ輝く、未来の祭典を旅する途中にまたもや大きく鳴り響く音。

 

そう、地球にまた何か異変が起こる。

 

過去12ヶ月を巡る旅は、単なるプロローグに過ぎなかったのです。

 

衝撃でショウ、神宮寺くん、岩橋くん、岸くんは宇宙へ放り出されてしまったのです。

 

2幕  宇宙で見つけた答え。

ここはどこなんだ…?と漂うショウ。

そこは煌びやかな世界。満点の星の下で、楽しいステージが繰り広げられる。

 

そこで彼は、ある老人と出会います。老人に渡されたのはシワシワの手紙。

差出人は50年後の自分。

 

「過去は変えられない、変えてはいけないが、未来は変えられる」と。

 

一体この老人は何者なのか…。

 

ここで偶然にもPrinceのみんなと再会。無事にまた出会えたことを喜ぶ4人。

 

すると、後ろから金ピカの5人がやってきて、ここはお笑いランド、5人はお笑いランドの住人だと言うのです。

まあ惑星べしゃりーのという謎の星と宇宙人も湧いてきますが、正直ここはお楽しみコーナーなのでストーリーには関係ないかな…(笑)

 

ちなみにこの宇宙人たち、特殊能力を持ってらっしゃるので、ベッドを浮かせたり、マジックもしちゃう。未来を見ることだって出来るのです。

 

ここは宇宙だ、ということがわかった4人。お前たちは、未来を見る覚悟があるか?との問いかけに対し、「ここまで来たら全部見てやるよ」と返す座長。

 

しかし、その未来は荒れ果てた劇場。人間たち、宇宙人たちも、いつの時代も争いや殺し合いを繰り返し、荒れ果ててしまったと言うのです。

 

そんなときに頭の中を反芻する言葉、

「過去は変えられない、未来は変えられる」。

 

地球へ戻って、地球の未来を変えたい、でも、そのための宇宙船は30年前に作られたものであり、5人しか乗れない。地球へ戻れるのは5人だけなのです。

 

地球人(ショウとPrince)は未来を変えるために地球へ戻りたい。

 

宇宙人(もう未来人と考えていいかも、関西Jr5人)は地球人たちが自分たちでボロボロにした結果が、荒れ果てた劇場であることを知っている。それなら自分たちがお前らの未来を変えてやるよ、と。

 

ユートピアは地球にしか作れないんだ、と主張するのです。

 

ぶつかり合う彼ら。

そんな中、あの老人は未来のプロデューサーだった、そして、平野くんの父だったことが発覚するのです。

どんな時でもエンターティナーとして輝くように、と願いを込めて「ショウ」と名前を付けた。そして、ショウは平和を守るための戦いに敗れ、父である自分を庇い、死んでしまうのだ、と。

 

せっかく出会えた父を置いてはいけない、と泣きつくショウ。

でも、父はショウが庇ってくれたことをずっと後悔していた、今が報いる時である、そして未来へ向かう気持ちは同じだ、と突き放します。

 

父の期待と約束を背負いながら、地球へ戻ってきたショウたち4人。(正確に言うと5人しか乗れない宇宙船で9人帰ってきますがまた後で触れます)

 

未来の笑顔を守りたい、悲惨な過去は変えられないけど、未来は変えられる。

 

地球を守りたいと強く思う気持ち、私たちのみんなの平和を強く願う気持ち、そしてたくさんの笑顔を守りたいと思う気持ち。

 

それこそが13月の正体、地球を守ることであると気付くのでした。

 

とまぁ、このようなストーリーではないかと、解釈してみました。

解説は次のブログに続きます。